【 国内の旅 】中国

隠岐 知夫里島 5時間観光コース【絶景が過ぎる】感動体験

【 国内の旅 】

― 記事内に商品プロモーションを含む場合があります ―

隠岐島で一番小さな島 知夫里島(知夫村)を1日で観光しました。

午前10時知夫里島 来居港に上陸し、午後3時に来居港へ戻る5時間のコースです。

・どこに行けばいいかな
・どれくらいの滞在時間になりそう?
・ルートはどうしよう

隠岐島観光では外せない島

日本じゃ無いみたいな景色の連続だったね

隠岐 知夫村 5時間観光コース

9:51 島前 知夫村 来居港
↓  移動 20分
10:20 ウグイガ崎展望所 滞在10分
↓  移動 10分
10:40 アカハゲ山展望台 滞在10分
↓  移動 15分
11:10 国指定名勝 隠岐知夫赤壁 滞在25分
↓  移動 25分
12:00 一宮神社 滞在10分
↓  移動 5分
12:20 ランチ らあ麺ちぶ里島 滞在30分
↓  移動 10分
13:00 島津島 滞在50分
↓  移動 10分
14:10 河井のお地蔵さん 湧水 滞在5分
↓  移動 10分
14:30 姫宮神社 滞在15分
↓  移動 10分
15:00 来居港フェリーターミナル

この記事は、隠岐島 4泊5日観光コースの一部です。
全行程はコチラから▶︎隠岐島4泊5日観光コース ダイナミックな自然に身を置こう

観光ポイント

観光ポイントそれぞれも見逃せない場所が多いですが、移動途中の景色もずっと素晴らしいです。

牛はいつもどこかにいます。写真を撮ろうと思わなくなるくらい。

ウグイガ崎展望所

最初に向かったのはウグイガ崎展望所。前日に行った西ノ島の鬼舞展望所の対岸にあります。今日は知夫里島から西ノ島を見渡す。

丘の上にいる感じで、油断すると転げ落ちそう。風も強いし牛もいるし道は舗装されてないところがあるし細いし・・・尾根を走る感じなのでバイクでもドッキドキ。楽しかった!

アカハゲ山展望台

絶景です。ただただ見惚れます。

ミョウガキ(牧畑の石垣)

度々見かける石垣は土地を区切るもの。隠岐牧畑という農法で、放牧で土づくりをし翌年は畑作で農作物を収穫するという画期的なローテーション作戦!今では外から農作物が入ってくるので衰退してしまったようです。

隠岐知夫赤壁

駐車場から遊歩道の坂道を歩いて到着。圧巻です!写真じゃ感動が何も伝わらないのが悔しい。

これは小さな火山の断面。下から縦に通る色の違う部分が噴き出すマグマの通り道。後から別の火山岩が割り込んだので色が違う。

今現在も荒波による侵食で変化し続けている。崖の際まで行って、危うい場所に立つ緊張と大地の迫力を感じる体験は貴重でした。

一宮神社

1000年以上の歴史がある知夫里島の第一神社。本名は「天佐志比古命神社」

駐車場は無いので、道の隅に寄せて止めさせていただきました。

御朱印

中ノ島(海土町)にある隠岐神社でいただくことができる。

ランチ らあ麺ちぶ里島

ランチはホテル知夫の里の横にある「らあ麺 ちぶ里島」で、えびそばの塩を注文。めちゃめちゃ濃厚なスープ!

こんな小さな島で、こだわりラーメンに出会えるなんて。

【営業時間】11:30〜15:00(ラストオーダー14:30) 18:00~20:30(ラストオーダー20:00)
【定休日】木曜日・金曜日

島津島

島津島に渡る橋の手前に駐車場があり、そこからは徒歩です。この島に車の乗り入れはできません

赤壁と対比させるように白壁と呼ばれる地層が見れます。現地の人的には、それほどでも・・・という思いらしいですが。。。赤壁が凄すぎるからね。

太古の昔の海底が隆起して崖になっているんだそう。巣穴の化石が見て取れます。

島の人は謙遜してましたが、島の遊歩道を歩く散策は楽しかったです。素晴らしく透き通る海でした。

河井のお地蔵さん

絶え間なく湧き出す湧水。島根名水百選に選ばれているそう。道沿いにあるので、ちょっと車を止めて水筒にお水をいただきました。

姫宮神社

古海地区の女神様を祀っている神社。

境内の山裾には6世紀後半の庶民の墓が残っている。宮の影横穴墓と呼ばれるその穴は幾つもあって、手入れされている様子はあまりないい。昔は、人ってこうやって土に還っていったんだって確認できた。

まとめ

西ノ島と合わせて知夫里島も隠岐観光では外せない島です。

隠岐島は一度入っておいた方がいい。本当に行ってよかった!こんなに地球を感じる場所は日本には他にないのでは?!

この記事は、隠岐島 4泊5日観光コースの一部です。
全行程はコチラから▶︎隠岐島4泊5日観光コース ダイナミックな自然に身を置こう

2023年11月訪問